カルティエは職人の技術が活かされている結婚指輪|指を飾る二人の証

結婚

人気のある素材

リング

結婚指輪には様々な種類があります。一般的に結婚指輪は婚約指輪よりもシンプルで普段から指つけていても邪魔にならないデザインの物が多く、男女ペアで着用するペアリングとなっています。女性の場合はペアリングに憧れている方も多いので結婚指輪は一緒にデザインを選びたいという方も多いようです。

一般的に、結婚指輪の選び方としては二人で店舗に行ってデザインなどを観ながら選ぶのが一般的です。選ぶ際にはデザインだけではなく、素材などにこだわって選ぶカップルも多いので素材に着眼点をおいているため、良いでしょう。一般的な結婚指輪の素材はプラチナ、ゴールド、ホワイトゴールドが人気ですがその他にもピンクゴールドなどもあります。一番人気はもちろん白く輝くプラチナとなっていて希少な物であるため一般の物よりも高価な素材となっています。現在ではプラチナの色合いに似ているホワイトゴールドの人気も上がってきています。ホワイトゴールドはプラチナよりも安価な値段で購入できる事から若いカップルなどにも人気の素材となっています。ただし、ホワイトゴールドは白っぽい金属にホワイトコーティングを行なっている物であるため、長期間メンテナンスなどを行なわないまま使用しているとコーティングが剥がれてしまう可能性があるので注意しましょう。

結婚指輪でプラチナという素材が人気な理由としては、色味や素材の良さだけではありません。プラチナは流行なども関係なく使用する事ができる素材なので時代の流行りに関係なく利用する事ができるので非常に人気が高い素材となっています。また、プラチナは耐熱性の強い素材である事が知られています。プラチナの耐熱性は融解温度が非常に高いため、火事などの際に大切な指輪が巻き込まれてしまった場合でも融解せずに残っているという事が多いので、結婚指輪をプラチナで購入する方も多いようです。